スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 天皇賞(秋)予想

本日の東京開催は中止でしたが、天皇賞は何とか開催されそうですね。

明日の予報は、朝から晴れマークです。

結論から。

◎02ブエナビスタ
○10シンゲン
▲05オウケンサクラ
△07ペルーサ
×04エイシンアポロン



◎ブエナビスタに関しては、2,000mより次走の2,400mの方が明らかに良いし、まだJC→有馬と残っているだけに余裕残しの仕上げ。混合G1での惜敗キャラ。などの不安材料を持ってしても、今のメンバーでの単純な優劣を比較すると、能力的に2枚上。
8割の仕上がりでも、4番手以降の他の馬の95%に匹敵すると思う。

馬場も急速に回復し、内側から乾いていくのであれば、内枠有利は絶対。
先行馬で芝の感触を確かめて貰う為、8Rにスミヨンを配置した事も抜かりなく、本気で3つのG1を獲りに来たと読む。

JRAの胴元と社台はブエナビスタを勝たせたいとの意見の一致から、枠順も絶好の内枠偶数。
両隣に協力馬も配置し、極端なスローや不利などの可能性を出来る限り排除した。

万全の体制。
1番人気だとは言え、◎が相当だと思う。

このブエナビスタを負かすとすれば、
・超ハイペースになり、前が総崩れ。
・囲まれて、昨年のウオッカのように先に仕掛けた馬に負かされる。
の2通りだと思うが、前述はペースを把握できるスミヨンだし、ラビット馬もいるだけに考えづらい。
そうなると、後述の不利があった場合だが、
①道中は気分良く走らせ、4角手前で上手く外に出し、外から上がって来る馬、それが出来る騎手か、
②もしくは内から空いたスペースを付いてスルスルと先に仕掛けられる馬、それが出来る騎手ということになる。

○のシンゲンは、使えたはずの夏をじっくり体力づくりと心身を鍛え、思い通りの仕上げで当レースを迎える。
この天皇賞への陣営の本気度は、アーネストリー以上だと思う。
左回り、東京コース、距離などの適性がバツグンな上に、鞍上は先週のミスを取り返せる実力もある。
そして、そろそろホワイトマズル産駒の後継種牡馬が欲しい社台としても勲章を獲らせたいトコロだ。
①に該当する馬として、シンゲンを対抗とした。
58kgの斤量は前走より増だが、昨年の天皇賞を見る限り、問題ないとの認識。

今年の天皇賞のコンセプトは、
「ブエナビスタVSシンゲンVS三歳勢」という見方をしている。
その通りの枠順構成だし。

そして上記の②に該当するのが▲の三歳オウケンサクラ。
瞬発戦にはめっぽう弱く、使える脚が決まっているのでそれ以上の上がり勝負は分が悪く、秋2走は仕方がない。
特に被せられたら弱いしね。
スムーズに気分良く走らせるかつ、持久力戦になればアパパネと互角の実力だと思う。
そしてそれが出来る騎手。
北村宏Jは、東京の内枠に限ると一流ジョッキーと遜色ない能力を発揮できるし、昨年も2着。

渋った馬場、最軽量、好調のバゴ産駒などもアドバンテージとなるはずで、十分狙える。

△ペルーサも藤沢師が名トレーナーの名に掛けて、ゲートの出の悪さを治療してくるはず。
能力的にも見劣りはせず、将来的には間違いなくG1を獲れる器だと確信している。
持久戦、瞬発戦のどちらも対応可能な万能型で、渋った馬場も苦手にしないだろうとの認識。
本来ならもう少し距離が欲しいだろうし、追い切りが寂しかったので△まで。

×のエイシンアポロンは、馬場がそれほど回復しない場合の内枠先行馬と言う事で拾った。


【馬券】

三連単
02→05,07,10→04,05,07,10,12
各300円×12点=3,600円

05,10→02→04,05,07,10,12
各200円×8点=1,600円

馬連
02流し04,05,07へ各1,000円×3点=3,000円
02-10 1,500円
05-10  300円

合計投資額 10,000円



ブエナビスタが連には絡むという戦略のもと、負かすならシンゲンかオウケン。
アーネストリーは前回のエントリーで消すと申しましたが、著しい馬体成長から3着付けで押さえました。(^_^;)









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あとは騎手の心理、
位置取り・・・


パンパンの良なら、
また予想は変わるんですがね

とにかくあと4時間弱です
Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。