スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京優駿

こんにちは。
祭典ウィークですね。
ダービーだけはやはり特別な高揚感があるし競馬関係者の想いも特別でしょうから、当方ももちろん参戦。

といっても春の重要な若駒のレースを不参加で過ごしてきたツケが大きく、3歳勢の勢いと流れが読めない状態ですけど。

個人的な考えを述べると、ダービーのタイトルと言うのはやはり特別なもので、騎手だけではなく馬や厩舎にもその品格や実績などが考慮されて、獲得出来うる資格のある者に与えられるべきものだし、その栄光に相応しい努力や競馬界への貢献などを成し遂げた者にだけ女神が微笑むものであるべきだと考えていて、それだけに簡単に獲れるタイトルでは無いし、ラッキーで転がり込んでくるものとも違うと思いが強いです。

当日は雨予報となっていて馬場状態が読めないけど、馬場がどうかとか道悪得手の血統がどうとか、ステップがどうとかとか言う以前に、頂点に立つ馬に相応しいのかをやはりメインに考えたいですね。

そういう観点で言うと、今年は05オルフェーヴル

シンザン記念ときさらぎ賞は予想もしていてリアルタイムで観戦、スプリングSと皐月賞は後からのVTR観戦となったけど、当初は馬の幼さからくる完成度の低さも相当なモノだとの認識と同時に、スケールの大きさやその将来性は兄よりも上だとも感じていて、陣営がダービーなどの主要レースを見据えて、メンタルのトレーニングを施してきた努力が着実に実を結んだ形で順調に明日を迎えられた過程が、その称号に一番相応しいのだと感じます。

回転の速いピッチと共にストライドの大きさから来る爆発的な瞬発力にも更に磨きが掛かってきた模様だし。

血統的な流れも汲むと、今年はステイゴールドだと思うし。
騎手的にも池添Jにあげても良いんじゃないかな。
ダービージョッキーは現役で7人しかいないみたいだけど、心情的にはヨシトミ先生にも獲って貰いたいけど。


今年は、◎05オルフェーヴルの相手探し。

1人気のG1では結果が出ていない方だと認識している池添Jが皐月賞と同じ乗り方をすると思うけど、自在性の伴ったオルフェーヴルなら内でも上手く捌けるはずだけど、意識される立場で位置取りが悪くなって外を廻らざるを得ない状況になった場合に、どの馬が出し抜くのか。という観点から探したい。

皐月賞を何回か見直して、評価が高いのは15トーセンラー
オルフェーヴルが何もかも上手く乗ったのに反して、相当の不利が存在してのあのタイム差なら今回は相手筆頭。
今回も良枠とは言えないけど、◎より先に抜け出す事が出来れば、止まらない斬れ脚は劣らないと思う。
少なくとも02サダムパテックには逆転出来るはず。
言わんやロッカヴェラーノをや。

高い資質を有していて、且つここへの臨戦過程に間違いないのが上記2頭だけじゃないかな。


◎05オルフェーヴル
○15トーセンラー


これは確定。

・上2頭より能力は劣るけど、チャンスのある策略を持って臨めて、状態が良いのが▲10ナカヤマナイト
・血統背景やヤネには信頼が置けるけど、輸送や連闘で状態に不安が残る△16トーセンレーヴ

の2頭を加えて、既に観戦待ちの状態で東京優駿を迎えようと思います。


【馬券】

馬連
05-10 2,000円
05-15 4,000円
05-16 1,000円

三連単
05→15→08,09,10,11,16
各400円×5点=2,000円

単勝
15番 1,000円

以上、合計投資金額 10,000円。



◎-○の馬連本線が勝負馬券。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。