スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアマイル 的中

やはり、ドバイワールドCの後に感じた予感は正解だったかもしれない。
「ブエナビスタはもはや主役を張れない。」

そのレースではピサが素晴らしい勝利を収め、ルーラーシップがいよいよ本格化して、エイシンフラッシュも体勢を整えてきて、中距離路線にはトゥザグローリーがいるなど、今年は強力な4歳勢に(残念だけど)主役を奪われるだろう。

確かにアパパネはこの距離はベスト条件だし、一叩きされて状態は絶好だったし、改めて強い馬だと感じたけど、昨年のブエナはバタバタの状態でも勝ちきることが出来たし、今年は昨年よりも良い状態でのクビ差の完敗。

これは正直大きいと思う。

もちろん、2,000m以上だとアパパネに負けないと思うけど、宝塚→天皇賞(秋)→JC→有馬と続く牡馬との闘いに向けて輝くことが可能かと問われれば、不安を感じずにはいられない。

今後のブエナビスタについては応援し続けるが、敗退してもしっっかりと見届けたいと思います。


レースは押さえ馬券のワイドが的中。
◎ブエナの勝利を疑って無くて、2着に無印が飛んできて、○印のレディアルバローザが3着だった場合の保険のつもりだったけど。。


アパパネ。

レースラップを見ると想定外の超Hペース。
ただ、二番手以降は馬場も考慮すると稍ハイペースと言った処でしょう。
「高速馬場で、内枠有利のバイアス」は想定通りで、道中終始インコースを進んだ各馬が上位に来ていることからも、それを正攻法のレースで且つブエナに終始マークされる形に成りながら、前を捕まえに行って押し切るという横綱相撲での勝利は立派。
瞬発戦だろうが持久戦だろうが、地力が高いので常に能力を発揮できるし、GOサインが掛かった後の瞬間的に抜け出す時の速さはブエナより確実に上。
ただ、2,000m以上だと弱みを見せるという従来の感覚はやはりあるし、距離が伸びて掛かる癖も残っているはずだから、やはり1,600mの長い直線がベスト。

今後は、安田記念に向かうのなら要警戒。


ブエナビスタ。

稍ズブく成ってきているのか、状態面が芳しくないのか、エンジンの掛かりが悪い。
本来なら差し切っていても可笑しくないと思うが、ただアパパネの更に外を廻った距離ロスと先行有利のハンデを鑑みれば、最後に詰め寄った底力は一級品だし、今後状態が上向けばまだまだ十分勝てる。


レディアルバローザ。

想定した通りのパフォーマンスを披露してくれたし、成長に因る地力アップは明らか。
ただ、枠と位置取りのスムーズさと、絶好のペースと、馬場の恩恵を受けてのパーフェクトなレースにも拘わらず、2強には敗退した事は着差以上の大きな能力差が存在する事が露呈された。
当然といえば当然だけど。

ペースが上がった消耗戦やスタミナを要するタフなレースだと重賞でも侮れないし、1,400m~1,6000mがベスト。
1,800mはペース次第だと思う。


他の各馬は、息を入れて脚を溜めなければ弾けない馬や瞬発戦を得意分野にしている馬達は出番が無かったし、最後の脚を長く持続できない馬、鞍上と終始仲良くなれなかった馬など、個性をしっかり表現していたから今後に活用出来そう。


今回は久しぶりの馬券購入だったけど、ブエナが敗退したのは残念だけど、底力が問われるペースで、2強の叩き合いに魅せられ、大変感動するレース内容で満足のレース観戦でした。


来週の優駿牝馬も当然参戦したいのだけど、何とも言えません。。
もし時間が出来たら、予想記事をアップして馬券購入したいと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。