スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(秋)

天皇賞については、一昨年のウオッカVSダイワスカーレットのレースが印象的ですね。
というより、歴史的な名勝負だったと思います。


なかなか思い入れのある馬とういのは現れないですけど、当時ウオッカに対しては相当入れ込んでいましたからね。
今でも、ゴール前の攻防はスローモーションの様に思い出せますし、リアルタイムで見ていたあの感動は忘れもしません。
鳥肌が立ち、身体中がドキドキして、冷静さを取り戻すのに3日では足りなかったですからね。


とても幸せな気分になりましたから。


馬券の的中・不的中以外のところで感動出来るレースに巡り会うというのは滅多にないですからね。
「あの最強牝馬同士の闘いをもう一度見たい!」と常々思っていたし。


あの素晴らしいレースを作ったのは、紛れもなくダイワスカーレットでした。
勝ったのは2cm差でウオッカでしたが、ダイワスカーレット無しではあの歴史的なレースは無かった。

脚部不安を抱え春シーズンを棒に振ったダスカが、7ヶ月ぶりの実戦で天皇賞直行という明確なハンデを背負っての出走だったし、テンから飛ばす馬にとっては息が持つか当然懸念される状況であった。
事実、レースでは暴走気味に飛ばしていたし、直線でウオッカやディープが飛んできた時には、視界から切りましたからね。

カンパニーやエアシェイディが脚を伸ばしてきたのも認識できたし、それでもウオッカがディープを押さえて勝つだろうと思った瞬間にダスカが視界に突然現れましたから。


あの衝撃は何とも形容し難い。


間違いなくあの2頭はスーパースターだったし、二度と現れないと言ってもいいんじゃないかと思います。
数少ないSUSの大好きなレースの一つでした。



前振りが長くなりましたが、さて、今年の天皇賞。

ブエナビスタが前述した最強牝馬2頭になれないまでも、この天皇賞に勝てるかという点。
牡馬混合G1では惜敗続きですからね。


松田博厩舎はもちろん名トレーナーの一人だし、天皇賞(秋)→JC→有馬記念のローテーションを見ているだろうから、そしてJCを一番獲りに行くのは見え見え。
もともと休み明けにピークを持って行くやり方ではないので、しかもJCにはナカヤマフェスタが出走するだろうし、その距離で強い馬が台頭してくるだろうから、調整的には照準をそこへ合わせるだろうし、そうするべきだと思う。

そうなると、この馬の取捨が難しくなるし、特に天気が怪しいので馬場が乱れれば、そこを得意とする馬が台頭してくる。
ましてや疲労を残したくない陣営は、タフなレースは控えたいところだろう。
この天皇賞にピークを持ってきた、ここを目標にステップを使ってきた万全の馬もいる以上、余計に難しい。


ブエナビスタは、好走レンジが広い、不利な条件が少ないという、希な万能型である以上、ここも好走するだろうと見ているが。

他の馬に関して、印の打つ馬、消す馬ははっきりしているし、もちろん馬場や枠によって出し入れ出来るようにしてあるが、一番人気の取捨が難しいレースというのは、予想の完成度が低くなるのが落ちなんですよね。


馬券戦術で対応しうるオッズだと嬉しいが、リターンが見込めない可能性も出てきますしね。

今日の夕方には、枠順発表です。
更にイメージを広げて、絞っていきたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんちわ

ですよね、

JC→有馬

これがあるので、

ここ目イチ勝負の馬がいるかどうか、
見ないといけませんね

ブエナ、

凡走はないと思いますが、
勝つまではどうかな?


菊花賞の例もあるので、
どうでしょうね

Re: こんちわ

>鎌田原成貴様

ここメイチと言えば、数頭いますね。
その中でもシンゲンは有力だと思います。

枠順が発表されました。
あとは、馬場のコンディションがどうなるかですね。
Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。