スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯 不的中

京成杯は更新通りの馬券購入で不的中。


日経新春杯では無く、京成杯の予想と馬券購入を選択した根拠は、人気のディープインパクト産駒両頭を軽視出来ると踏んだから。
また、高配当が期待できるしワイドでもオッズが高い事からそれを保険にし、三連系の破壊力に魅せられた事が大きな理由です。

しかし、ローズキングダムの軽視とルーラーシップの好走が確信出来ていたのだから日経新春杯の方を選択するべきだったかな。。


完全に観戦の心づもりでしたから。
ローズにとっての58kgは負担がやはり大きかったし、鞍上が勝利への妨げに成っていたのも予想通り。
また、ヒルノダムールの使える末脚の短さも改めて確認できたし、何よりもルーラーが外を廻って前を捉える強い競馬が出来て、抜け出してからも最後まで力強く伸び切る勝ちっぷりからもやはり秋には天皇賞・JCと期待できる馬になったと確信。

前々回のエントリーがほぼ実現化したことが何より嬉しいのだけど、「ここで斤量の差があるのなら、間違いなくルーラーの方が先着するはず。」の部分は間違い。
今回斤量が同じであってもルーラーの方が上だったし、今後も有利・不利が無ければお互いの能力を出し切れば既にルーラーの方が上だとの査定。

観戦後に湧きだした心地よさは、嬉しかったですね。
天皇賞(春)や宝塚記念は向かないと思うが、やはり秋の府中でのブエナビスタ嬢との闘いが非常に楽しみ。


さて、京成杯の方。

先行勢が多数いたけど、折合いに専念する騎手意識とスタミナの不完全な若駒のレースという事で中山2,000mと言えど、先行・内枠有利の法則で予想したけど、ペースは速くなり厳しい流れを好位でロス無く綺麗に差したのが勝ち馬。

フェイトフルフォーは、ステイゴールド産駒の人気の方だったけど、気性的に難儀だし、未だ真面目に走らない傾向が見えて、内枠だしホープフルSの様に後方の位置取りになれば危ういかな、口向きの悪さや若さを露呈すればあっさり敗れる可能性も高いかな、との思惑で評価を下げたけど、陣営の努力やリングハミ効果があったのか、走る意欲を感じられたし、勝気な性格が良い結果へ結びついた。

内枠で揉まれなかった事が多頭数の皐月賞でも走れる条件だし、素質そのものは世代では比較的高い方だし、今回も抜け出してからソラを使う程だから、底を見せてないだけに今後もG2クラスなら頭まで、G1クラスなら2,3着も考慮する事も当然必要。

それよりも、勝利への執着心の希薄さが売りの田中勝春Jの「今年は違うぞ。」「勝ちに拘るよ。」という明確な決意が感じられた。
もともとG1では弱い部分を幾多も観てきたし、不調期が長いけど、手が付けられない日も年に数回ある騎手だから、容易に評価は上げられないけど、例年より注目したいと思う。


2着のデボネアの能力も勝ち馬以上に評価はしていたけど、小回り中山でスローの予想をしたタキオン産駒だから拾えないし、前掛かりの流れになった事が向いたのだと思うが、斬れ味は流石だし勝負所からの加速の素早さが魅力だから、今後も世代同士の重賞で勝ちきる事も十分あるだろうし、京都や府中では更にパフォーマンスを上げてくると思う。


当初の予想を覆して、高評価なのが3着のプレイ。
恐らく先行馬にとっては初めて経験するペースとその持続性だと思うが、終始外を廻らせながら、前崩れの厳しい流れを最後の坂も止まらず登り切って唯一粘った事は素晴らしいし、人気にならないタイプなので「上手く付き合えば直ぐに馬券になる美味しい馬」に認定しておきます。


インナージョイに関してはポジショニングが致命的だし、加速できる長い直線が必要なはずだから、改めて評価したい。

最後にディープインパクト産駒について。
高い能力と瞬発力があるのは周知の通りだと思うし、今後もそれを武器に重賞を勝つ馬がいると認識していますが、厳しくてタフな本当の主要G1レースに於いてその武器を発揮できるかは、甚だ疑問になった。
ストレス過多の厳しいレースでの瞬発力はタキオンやキンカメには劣る、ましてや持続力勝負には歯が立たないという懸念が常に付きまとうはず。
3歳までなら良いが古馬になってからの格の高いレースで活躍できるか今後に注目したい。



今週はAJCCの予想を始めていて、馬券購入の予定。
平坦ラップを刻むレースだし、底力を要する二度の坂超えも存在する特殊コースである事から、血統的にも十分検討したい。
配当も低そうだし、絞らなくちゃね。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。