スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞 不的中。。

SUSの好調もここまでか。


今年の菊花賞は、行きたい馬が外枠に数頭。
そして瞬発力勝負にしたくない馬も多数だっただけに、消耗度の大きい持久力戦との考えであった。

完全に外れ。

縦長のばらけた位置取りになると踏んでたが、実際にはシルクオールディが行き脚がつかず後方からだし、トウカイメロディも予想に反した位置取り。


ビッグウィークの川田は、これしかないという騎乗ぶり。
恐れ入った。


レベルの高いバゴ産駒と言えば、中距離資質の高くて、前々で粘り強さを発揮する。
切れる脚は無いが、平坦ペースには強い。
そして馬込みは苦手で、外から被せられたり内で閉じこめられたりすると力を発揮できないというイメージ。
オウケンサクラも近い資質がある。

その代わり、ストレスフリーで気分良く走れば、力を遺憾なく出せる。

スタミナ勝負に持ち込むと分が悪いし、スタミナ色の強い専門分野が台頭する。
逆にスローの瞬発力勝負に持ち込んでも、おそらくローズ他には屈するだろう。

スタミナを温存するべく、レースに2,3番手で蓋をして、余力を残せる流れにしたのが大きい。
また、誰よりも早く仕掛けて、出来るだけ後続との距離をとると言う好騎乗。

カミダノミが早くから手応えが怪しくなって、下がっていったのも味方した。
その直後のレーヴやトレイル、ヒルノなどが詰まっていたし、下り坂を利用して早く動けなかった。

4Cの入り口で、内がゴチャ付いていたし。


予想通り、コスモラピュタがハナを取ったが、離れた後ろで蓋をしたのが、小牧騎乗のカミダノミ。
社台グループとしては、ローズに勝たせたかったのか、中距離資質のスローな流れを作る為に、カミダノミを2番手に行かせ、ペースを落とすという作戦だったのかは、今となれば想像の域を出ないが。。。


しかし、ローズキングダムは宿命と言うべきか。
トウカイメロディの外から上手く被せて動き出したのだが、遅かったね。
今回の様なレースに、エイシンフラッシュがいれば、おそらく屈していた。

今後中距離のスローで瞬発力勝負となっても、古馬と混じればもう一枚欲しいところ。
一線級と闘うにはその上がいるというのと、早くから完成度が高いだけに来年以降は疑問視しながら付き合って行きたいと思う。
今後も武が乗って行くであろうし、常に人気する一族だけにね。


印を打った馬が上位に来ている事から、能力的な選別は上手くいっていたと思うが、この流れは読めなかった。

もちろん、数基逃げのスローで前残りも念頭に予想を始める訳だが、エイシンがいなくなった今回意識するのはローズだけで、前々の馬にも注意を払われるという騎手心理を考えると、後続も下り坂を利用して早めに各馬が動くと思ったのだが、下り坂を利用して早めに動いたのが前にいたビッグとビートの2頭という結末。



この結果を受けて、外しはしたが予想の域を出なかった各馬の資質・適性等が明確になった部分が大きい。
自分の得意とするカテゴリに嵌った馬は今後積極的に狙える。あるいはその馬の不得意分野では明らかに消せる。
今後の3歳馬の取捨という意味では大きなレース。



来週の天皇賞(秋)は、選別済みの古馬と3歳。
古馬らしい力と力の勝負がみたい。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね、

こんどは「G1」らしいG1が観たいです
Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。