スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念

シンザン記念は、馬券購入せず。

予想記事は出来上がっていたのですが、若駒の信頼性に乏しいレースだけに感触が曖昧でしたので。
また、当日は急用が出来た事でアップ出来ませんでした。

レースの観戦は出来ましたけど。


当初のキーポイントは、下記のどちらのレースになるか判断する事だとの見解でした。

①「前が止まらない馬場」で先行勢優位だし、今の軽くて時計の出る状態ならば1,200~1,400mタイプのスピード馬が台頭する。
②逆にスタートからの直線が長くて速くて厳しいペースとなり先行勢が止まり、長くて持続的な末脚の差し馬が上位に食い込む。

予想段階では後者の方で始めていたし、結果的にもペースが早まり差し馬が上位に食い込んだ事で、『速くて綺麗な馬場でも「前残り」の結果に成らないのではないかと思う。』との個人的な予想は大凡的中していたのだと思う。

馬券的中していたかは別として。

・最初のコーナーまでが長い直線だし、4角に入る手前も下り坂なので、息の入らない流れになる事。
・古馬重賞の金杯ですら、ラストは0.6秒落込む程、スピードだけで押切る事は困難だと判断出来る事。


さて、各馬の回顧ですが。

勝ったレッドデイヴィスは、京都外回り1,600mの種牡馬ランキングでトップのアグネスタキオン産駒だし、母父がトニービンて事で長い持続的な末脚勝負には強い血統だとの認識でしたが、スタートが良い方なのでほとんどのレースで先行していますよね。
この馬は、詰めが甘いとの認識だったし、前が速くなると潰されてしまう可能性も高かった事と、前を捉える力強さが足りないとの認識でしたので高評価はしていなかったけど、今回は離れた3番手で折り合って前を射程圏に入れてましたからね。
前掛かりのペースになればこその馬だし、頭の高い走法と気性的な事からも距離は伸びたら駄目そうだし、現状2,000は長いとの認識です。


オルフェーヴルは、素質・能力的には実績からも相当なモノを持っているとの把握でしたけど、馬の幼さからくる完成度の低さも相当なモノだとの認識でしたので、最終的には消していたかも知れませんね。
兄は朝日杯時にはもう少し大人だった様な気がします。

しかし、兄ドリームジャーニーよりもスケールは大きいと思うし、晩成タイプで鍛錬により心肺機能を鍛え、速い回転のピッチ走法を持続出来るスタミナも作り上げられた兄同様、将来が大きく期待できる馬には違いない。
内有利な馬場で、他馬とは1枚違う末脚を見せられただけに、高評価です。

現状では、折合いを欠いて無駄にスタミナをロスする場面も露呈しそうだし、筋肉も不足しているからトップスピードで真っ直ぐ走らせる訓練も必要だし、信頼性に大きく欠けているはずだから警戒して印を打った方がいいはず。

3着のマルセリーナが本命予定馬だったのですが、評価通り。
内有利の馬場を素直に廻ってきただけで、将来性には疑問。
道中稍掛かり気味だったにせよ、展開とポジションのアドヴァンテージがあるのに勝ち馬との2馬身も差が付いたのだから。

1人気のドナウブルーもそうだけど、ディープインパクト産駒は基本能力は高いけど、底力やタフなレースになると弱みを見せる様な傾向が窺えますね。今年のクラシックや大舞台に多くを出走させてくるだろうけど、緩い流れでの瞬発力勝負のレースには圧倒的に結果を残すだろうけど、そうでないレースが予想される場合には軽視出来るのかなという一つの思惑を持っています。

まだ判りませんけどね。


さて、今週は予想も馬券購入も参加したい。
既に分析を始めているレースは、京成杯の方。

また後日アップしたい(こんどこそ)と思います。(^_^;)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です^^

私も仕事と完全に被ってしまい、馬券は全て見送っていました

今週は京成杯に走る姿が気になった馬がいたので…
来週から購入予定を繰り上げようかな!?と考えていた最中でした^^;

京成杯の見解を楽しみにしています♪

Re: お疲れ様です^^

> キノ@馬券好き様

こんばんは。
京成杯は非常に難しいですね。
難しいながらも、何とか根拠を勝手に付けて予想しています。

クラシックに向けての予想演習みたいなモノです。
当てにしないで下さいね。
Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。