スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念1

昨年は◎ブエナビスタ○ミヤビランベリ▲ドリームジャーニーで外れ。
相当の自信を覆されて、大きく凹んだ年末でした。


さて、今年ですが。
有馬記念で毎年イメージしているのは、その年の世相や流れを反映するレースだという事。
単純に様々な出来事を関連づけさせたり、出目や名称を捩ったりというのはあまり好きではないので考慮しませんが、その1年の騎手・関係者・馬の全体の方向性や流れがどうだったか、等は考慮します。

今年に関して大きく括れば、
・社台勢の圧勝。
・外国人騎手の勝利
・3歳勢の活躍
などが顕著に見られましたし、当然意識するべき事象でしょうけど。

今年の馬柱を見通したら、ズラリと並んだ馴染みの顔触れを稍うんざりして眺めているし、心情的にそれらに対抗したいという思惑が先立っています。

競馬というのは的中するかどうかは、レースを終えるまで判りませんが、もちろん的中する方向で予想する訳だが、それ以前に的中して幸福を味わえるかというとそうでないレースもあるし、不的中でも感動するレースは数々観てきました。
馬や騎手等に対しても、技術が高い低い・上手い下手に関わらず、好き嫌いというのは存在していて、世間の評判や人気に反して、応援する陣営が勝利する事が特に幸福度が高いし、こと有馬記念に関してはそちらに重点を置いて馬券購入するレースになりそうです。


勝負事に於いては、多くの敗北や挫折を鍛錬により乗り越えて勝利を手にするモノだと認識しているし、持っている才能だけで勝利をモノにする事よりも個人的に惹かれるし、圧倒的に価値があるとの見解です。

個人的に当方は凡人だし、強運の持ち主でもないから、諸処の場面に於いて様々な負けを経験しているけど、少しでも上昇できるように努力しているし、馬券に於いても熱意や勉強を繰り返してこそ結果が伴うはずだと認識しているし、常に妙味を伴いながら確率の高い方への馬券を試行錯誤してます。

そういう上述の意味では、先週の不参加は痛恨だし常に参加して何らかの価値を見い出したかったのが本音ですね。

常に有馬記念は別格で、上述の様な認識を持っているからこそ毎年応援馬券を購入しているし、昨年の該当馬はブエナビスタであったし、ミヤビランベリだったのですけど。
今年の◎か○を打つ予定の馬は、少なくとも好走する裏付けも持っているし、自分の反抗心を背負ってくれそうだし、心底応援したいと思える価値のある馬だからこそ、そちらを狙いたいと思います。
外国人騎手に勝ち続けられる歯痒さも感じている事も関係しているのでしょうけど。


ブエナビスタの能力は別格としても、他の馬に関しては持っている才能と強力なバックボーンを武器に王道を走ってきた馬達が多いけど、どちらかというと期待された才能をトレーニングの積重ねによって漸く開花しそうな裏街道を走ってきた馬が現在描いている◎予定馬。

今年の主役は明確にブエナビスタだし、昨年の有馬記念以降に感じた今年の活躍は予想通りだけど、この馬も圧倒的な能力に見合わない結果を残していて、トラブルや困難を伴いながらの成績を見れば当然応援したくなるのだけれど、それよりもここへ来ての充実振りを感じていて、ここでの勝利を心底願う馬が存在しているので、恐らく人気が無いであろうと思える馬が上記通りの◎内定馬で、その馬ベースの馬券を購入する予定。


その選択した馬の理由や根拠は後日改めて述べますが、「奮起して欲しい日本人騎手」の想いを担うに相応しいあの騎手がヤネ。


競馬予想という世界では常に不利や負担を背負い、ストレスを感じやすい生き物であるという認識の元、多くの馬が少なからず弱点を持っているとの見解を常に持っておいた方が良いし、人気馬や前走成績などだけに注目するのは危険な事の方が多い。

逆にそれらを克服し成長を遂げたと感じる時は、格が上がっても通用する場面は多々あるし、有馬記念というのは人気薄が好走できるレースだし、騎手の思惑と反する状況や展開が非常に多く見られるし、3着までならと間口を拡げると10番人気以下が突っ込む事もまま見られますからね。

特に非根幹特性や中山専門車、内割馬などが走る事の方が顕著ですから。



今年は昨年よりモチベーションが高いし、熱意を持って有馬記念予想が出来る事は何よりの幸福ですけどね。
そして、敬意を持って丁重にローズキングダムは消す予定です。(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

有馬記念はオカルトが炸裂しますからね

何か探してみます!
Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。