スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

多忙により、更新処か競馬に没頭する時間が作れない状況の中、体調不良によりぶっ倒れました。
その分、過密スケジュールが殺人的なスケジュールに格上げ。
どれだけの仕事量をこなせばよいモノか。。。

朝日杯に関しては一応イメージしてましたし、枠順も確認しましたが、1週間1レースをじっくり予想するスタイルの当方としては、やはり中途半端な見解でアップする訳にはいかず、今週の予想記事は辞めておきます。
当然レースの方も参戦せず、今年は観戦のみ。


先週の感想でも簡単に。

阪神JFの◎アヴェンチュラについての予想には満足。
熱発による情報も入っていましたし、-12kgの懸念もあったのだけれど、本命に値するレースをしてくれたので。
来年の秋までは、個人的に応援する事に内定しました。(^o^)

まさかのスローの流れは完全に外れた予想だったし、出遅れも誤算だったのだけれど、不利な外差しのレースをしての4着ですからね。
この馬と好走レンジが被る勝ち馬は強いとは思うけど、この先この相手に逆転する可能性を十分見せてくれたし、クラシックでの主役を張れる器である事も確信。
多くの不利やストレスを経験する事は若駒にとっては貴重だし、その重荷を降ろした時の感じる楽さは想像以上に今後のレースで有利に働くはずだと思う。
願わくば順調に成長して欲しいですね。

レーヴディソールに関しては、こちらの査定した能力や評価通りの強さだし、いつもよりスタートが上手くいった事や終始スムーズな競馬が完遂出来た事がプラスされての結果だし、テンからの速い流れを予想して、差して届かずの(ちょうどアヴェンチュラの様な)レースとコース取りの予想だった為に、またワイドでの保険馬券を購入した事での対応も可能だった事から、先週の予想となった次第。

この秋のG1戦突入前に、福永Jがどれかを少なくとも1つは持って行くだろうとの流れを感じていたし、事実重賞も連勝した好調期に入ったのですが、出来れば菊花賞のレーヴドリアンを先に勝たせて欲しかったと今更ながら感じます。

○評価のホエールキャプチャは、予想エントリー内の記事通りの見解。
やはり、内目から進出できるポジションだったし、アベンチュラよりレースセンスはあるとの見解は変わらず。

結果、来年の競馬に対する興味が増したレースでしたね。


さて、朝日杯の方はディープやハーツ等の初年度産駒も出走してきて純粋な観戦を楽しめそうです。
明確に中山特有の特徴が顕れるレースでもあるし、人気馬がどう対処するか或いは屈服するのかを感じたいと思うし、好走可能な米国ダート血統を持っている馬や枠・脚質のアドバンテージを活かせる馬がちらほら居ますので、鞍上がどう導くのかも確認したいと思います。


すでに脳の予想モードは有馬記念に入ってますので、グランプリは当然参戦するだろうし、納得出来る予想や馬券戦術を拵えたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。