スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ不的中


馬券は外れ。
レース後に言いたい事は山ほどあったけど、これも競馬。
予想する上である程度割り切った部分もあるし、有利不利などは常に付きまとうモノだし、仕方がない。



ブエナビスタの能力は申し分ない。
スローペースで流れて完全な先行有利・内有利の中、一番長く次元の違う脚を使い更に突き放しているのだから、凄いとしか言えない。

数回前のエントリーにて、
「ブエナビスタが一番スペシャルウィークらしい。」
「不利から解放された時は次元の違う能力を存分に発揮し、ブエナビスタがそれを顕示する時が今なんだと思う。」と明記してたけど、見立て通りの能力を示した事は納得できるも、記録としてJC優勝が残らない事は残念。


ローズキングダムについては、能力的には認めているし、その範疇であったとも思う。
順調にレースを使えてきた事、高いレベルの3歳で一番格の高いレースをこなしてきた事が、鍛錬の成果として顕れていると思う。スローによる瞬発力勝負が多い為無駄な疲労も残ってなかったし、今回も得意なペースだった事の幸運さは、今までの薔薇一族では無かったのだが、そこは既にG1馬だからなのかも。

瞬時にハンドルをきれる器用さや、ブレーキを掛けた後の再加速と、ピサを差しきったその根性は、高い評価をしていたものの、それ以上だと言わざるを得ない。
査定した以上のレースセンスの高さを感じました。

ローズは明らかに不利を受けたし、今回のブエナビスタに対する制裁も個人的にはJRAと同じ判断ですが、同時にローズが失った進路は、ピサの斜行によるトコロも大きいし、鞍上のギュイヨンの右往左往による被害は多大だし、但でさえ前目有利のスローの流れであんな動きをされると後ろはゴチャつかざるを得ないし、エイシンフラッシュもまた被った害は少なくないと感じているだけに、エイシンの評価は保留したい。

同じ位置から一方は再加速し、もう片方は替えた進路を悉く潰されたことによって競馬を止めているし。


「ブエナビスタが絶対でそれに勝るもしくは肉薄する可能性が高いのは、おそらく強気な立場でレースが出来る3歳馬。」だとの認識から、前回エントリーの印を打ちましたが、結果は見事に外れ。


能力を出し切れない陣営がほとんどだったと思うけど、全能力を出し切ったのが唯一ピサだったのかな。
2,400mをこのメンバーでは明確に長いし、スローペースという恩恵を受けながらも、最後は馬が苦しんでいるトコロを見るとベストは2,000mだと思うし、今後も今回以上の査定はしないつもりです。

ペルーサは、中学生なら先生に目のつけられた不良生徒ですね。
あの破壊力のある末脚を見せられると印を廻さざるを得ないだろうし、その能力も相当の高さ。
本来の持続力勝負にも対応できる万能型でもあるし、強い馬にあるそれと同じポテンシャルである事は認めているだけに、今後は上級生が居なくなった時に威張り始めるはずだから、少なくない警戒をしながら付き合っていきたいと思う。

日本人騎手と外国人騎手の意識や価値観の違いなどが表現されたレースだったと思うし、同時に海外の競馬文化との違いも明確になったんじゃないかな。



【11月の成績】

4戦1勝
合計投資金額 39,900円
合計回収金額 14,300円
回収率 35.84%


今月は、マイナス。

ツキも変わる12月は目標クリアと行きたいですね。♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ペルーサの評価、面白いですね。
でもその評価、激しく同意します。

Re: No title

>マルガオオーさん

はじめまして。
そしておはようございます。

ジャパンカップの印を拝見させて貰いましたが、しっかり上位評価馬が上位に好走している事から、ほぼバッチリの予想だったんでは無いでしょうか。
ペルーサの問題児振りは別としても。。

いつも三連系での馬券なんですね。
これからも除かせて貰います。♪

おはです

やはり競馬は・・・ですね

人馬一体はなかなかです

見ごたえのあるレースに違いありませんですが、
多少のラフプレーは致し方ありません

JCなのでJRAが降着させるとは思わなかったが・・・

Re: おはです

>鎌田原成貴さん

外国人騎手は、他馬に対する対抗意識が強いと思うし出来る事なら不利を与えたいと思うだろうし、その不利を受けないように、邪魔をはね除ける強い精神を持っている気がします。
それに屈服しない強い勝負根性を持った馬や、上手く捌いた騎手なども含めて評価されるのが海外競馬だと認識しています。

対して日本人騎手は、ハナから極端なラフプレーが無い前提で騎乗するスタイルだし、お互い馬の能力を妨げない様に走らせる意識が強いし、真っ直ぐ走らせる技術を重要視してますよね。

どちらも「競馬」だと思うし、「競馬」の違いはあってしかるべきだと思います。

裁定の席に松田博資氏を呼びつけたり、時間を掛けすぎたり、その結果の一貫性の無さなどには疑問を持っていますが、今回の降着という厳しい査定も、これが日本の「競馬」だと示す事が出来たし、JRAをある程度評価しています。

まぁ、人間のやる事なので難しい判断ですけどね。


Weather of racetrack
Investment horse
Ranking
無料レンタル
Link
Search This Site
QR Cord
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。